温泉と玩具博物館

初 有馬温泉です!
初めて、日本を代表する温泉として名高い有馬温泉に
行って来ましたよ。
 
もちろん温泉好きの娘がお供です。
考えたら、この冬は、これが初めての温泉。
 
お天気は、朝から雨模様  
公共の外湯として「金の湯」と「銀の湯」があり
「金の湯」の方に入りました。
 
DSCF2047
 
なんとお湯が、こげ茶色に近い色で、まったく足元が見えないくらい
濃厚な色。すごい効能がありそうな色です。
後で、調べて分かったんですが、泉質は、3種類あって
 
塩分と鉄分を多く含み褐色を呈する含鉄強食塩泉
ラジウムを多く含むラジウム泉(ラドン泉)、
炭酸を多く含む炭酸泉があり、それぞれ、含鉄強食塩泉を「金泉(きんせん)」、
それ以外の透明な温泉を「銀泉(ぎんせん)」て呼んでます。
 
有馬温泉の炭酸煎餅って、結構有名なんですが
何がどうなって「炭酸煎餅」なのか不思議に思ってたんですが、
やっと謎が解けました。
 
人が、結構多くて、ちょっと窮屈な感じ
都会が近いから、しかたないけど
のんびりゆったり湯に浸かる・・・という訳にもいかず
 
もう少し、町の中も散策したかったけど
雨も激しく降るので、ちょっともの足りない感じで
帰ってきました。
また機会があれば、ゆっくりと見て廻りたいし、銀の湯にも
入ってみたいと思います。
 
「玩具博物館」は、「金の湯」の直ぐ前に、有ります。
手作りの温もりが、伝わる素敵な玩具たちが約4000点
玩具と言っても、芸術の域です。
積み木なんか、数学の世界です。
いやあ 奥が深い
 
DSCF2053
 
 
これは、有名なクルミ割り人形です。
さて、どのようにして、クルミを割ると思いますか?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        DSCF2050

               マッチ箱の中に小さな小さな人形なんかが、納まっています。

 

 

DSCF2052

 

これは、煙だし人形だそうです。

足元が外れて、そこにお香を乗せ火をつけて、

元にもどすと、口元から煙が出て、タバコを吸ってるように見えます。

雪深い地域のもので、部屋の中で過ごすことが多いから

快適に暮せる工夫の一つとして、作られたそうです。

 

 

 

 

 

 

                 DSCF2056

 

これは、鉄道模型です。鉄道マニアの方なら、たまらないんじゃないでしょうか?
とっても精巧に出来てました。個人の方が、趣味で集めてたもので、数十年前のものだそうです。
 
                 DSCF2059   
 
 
 
                  DSCF2064
                        照明を落として、夜を再現
 
 
※クルミ割り人形の口で、クルミを割ります。
  苦しい生活を強いられている上に、年貢を取り立てにくる役人の口に、うるさく言わせないようにクルミを押し込んでやろうという、
そんな人々の気持ちが込められているのでは・・・と、説明してくれました。
それが証拠に、人形のモデルになってるのは、みんな位の高い人たち・・・王様とか貴族とか・・・です。
 
 
広告
カテゴリー: パーマリンク

温泉と玩具博物館 への8件のフィードバック

  1. saganhama より:

    (\’-\’*)オハヨ♪御座います。神戸の有馬温泉へ・・・ことさんの所からだと充分に日帰りできる観光地なんですね。金泉(金の湯)、銀泉(銀の湯)って商標登録されていて、他の温泉地では使えない呼び名だそうで、特色をアピールするのも大変だなぁ~と思いますよ。くるみ割り人形にはそう言う言い伝えが有ったんですか!勉強になりました(^O^)玩具博物館一見の価値ありですね。鉄道のジオラマの規模が大きいので一度は見てみたいです。横浜にも人形の館って言うのが有って、世界中の人形が展示されてるそうですが、まだ見た事が無いので記事ネタ作りに行ってみようかなと思ってます。玩具博物館は撮影OKのようですがこちらの博物館は撮影不可のところが多いので、記事ネタに成るかどうかは行って見ないと判らないですが。。。

  2. kasumi より:

    くるみ割り人形~なるほど~。おもしろいね。鉄道模型 立派やなぁ 好きな男性が多いのでは?こどもの小さい頃、プラレールを色々そろえて (おおかたはおばあちゃんに買ってもらって)6畳の部屋いっぱいに繋いで遊んでたよ。有馬温泉は良いらしいねぇ 近いのに行ったことなくて一度行かねばと思うとります。ことさん日帰りやったん?炭酸せんべぇもあっさり ほのかな甘みでおいしいね。

  3. こと より:

    ☆saganhamaさんこんばんは(^o^)丿そうなんです。高速で片道2時間ぐらいです。でも普通に高速使うと、橋の料金が、高いからなかなか気楽には行けないです。ETCの割引を利用すると、すっごく安くなるから助かります。また行きたいなあって、娘とも話しました。金泉、銀泉の呼び名は、そうらしいです。ふと阿蘇で入った茶色いお湯の温泉を思い出しました。玩具博物館は、一見の価値ありますよ^^写真は、フラッシュをたかなければOKです。アップしたもの以外にからくり人形や積み木なんかのコーナーもあって、時間ごとに説明してくれるのを聞くと、また楽しいです。鉄道のジオラマは、本当に精巧に出来てて、すごかったですよ

  4. こと より:

    ☆かすみさんこんばんは(^o^)丿良かったよ  あんまり町の中は、見れんかったんやけど見所が、いっぱい有りそうだから、また行きたいなあって思っとります。プラレール?って、どんなんかなあ?玩具の機関車とレールを持ってて遊んでたんは、記憶にあるんだけど・・・・ ジオラマだけじゃなくて、いろんな電車や列車のミニチュアも展示してあったからほら 鉄チャンたちには、うれしいコーナーですよ^^今回は、クルミ割り人形と、炭酸煎餅のなぞが解けたので、遠路はるばる??出かけただけの値打ちは、ありましたワ(^O^)今回は、日帰りでした^^ 泊りがけで行けたら、いいなあ

  5. ゴンゾー☆ より:

    有馬温泉、懐かしいです。ちょうど、阪神淡路大震災の起きる前の正月に一度だけいった事があるんです。「金の湯」「銀の湯」というのがあるんですね。ことさんの、入浴中の写真があるのかと思ってしまいました(失礼しましたぁ^^;)くるみ割り人形や煙だし人形、素敵ですね。木のおもちゃって、味わいがあって好きなんですよね。でも、口で割るとは。。。鉄道模型は、子供たちが小さい頃、電車が大好きで、こういう場所によく連れて行きました。そしたら、なかなか離れようとしなかったんですよ。折角の温泉でも、ゆっくりできなかったようで残念でしたね。今度は、ゆっくりとくつろげるといいですね^^

  6. hiro より:

    おはようございます。有馬温泉、暖かくなりそうですね。私も入りたいなぁ~ところで職場に鉄道マニアが二人いますが、この二人の会話は全く分りません・・・マニアの奥の深さと少しの怖さと話に割り込めない緊迫感を感じます。ところで何十年前か木曽にイワナを釣りに行ったときに、真っ赤な温泉に入りました。何でも鉄の成分が強いからだそうです。たしか200円くらいでしたが、珍しさに得した気分でした。。。hiro

  7. こと より:

    ☆ゴンゾーさんお返事が、遅くなってすみません。ぐふふふ 私の入浴シーンは、見るに耐えないので止めときました。震災の前に、行かれたんですかあ 有馬の辺りも被害が大きかったんじゃないかと思います。今は、そんな傷跡もすっかり癒えたように見えましたが・・・・・・たかがおもちゃ、されどおもちゃ・・・です^^  発祥の地の歴史や逸話があるんですねえ職人技で、だんだんと後継者が減ってきてるそうです。クルミ割り人形は、びっくりです。どこで割るんだろう?ほんまに割るのかな?なんて思ってたんですけど鉄道模型も、とっても精巧に出来てて目を見張りました。お天気が、悪かったからまだ人出は、少ない方だったんじゃないかと思うんです。また行きたいんですけど、混み具合を考えると、ちょっと尻込みです^^

  8. こと より:

    ☆hiroさんお返事が、遅くなってすみません。はい^^ すっごいあったまりました。しばらく汗が止まりませんでした。良いですよ 有馬と言わず、hiroさんもぜひ日頃の疲れを癒しに、いかがですか?木曾には、真っ赤な温泉があるんですか?行ってみたいですね。阿蘇に行った時も、茶色い温泉に入りました。無色透明だけじゃないんですよね。長野の方には、乳白色の温泉もあるようです。色を楽しむのもいいかもしれませんね^^入浴料200円・・・安かったんですねえ 今じゃ安くて500円が相場かな?鉄道マニアの方が、身近に居るんですかあ^^どんな話をするのか、ぜひ聞いてみたいですねえ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中