びしょぬれ親子ツー in 愛媛  とにかく帰ろう

 
前夜から、降り始めた雨は、いっこうに止まない
ず~~~っと、降り通している
少しぐらい止んでる時が、あっても良さそうなのに
 
なかばやけくそ
降りしきる雨の中を四十四番大宝寺  四十五番岩屋寺へ
八十八箇所のちょうど半分・・・・やっと半分廻った
 
こんなに雨が降ってるのに、意外と巡礼や参拝の人々が多いのには、ちょっと驚いた。
 
大宝寺では、山門近くに駐車場があるけど、その手前、どのくらいかな?距離は100mちょっと?
急カーブで急坂の上、すこし凸凹の砂利道だったので、離れた所にバイクを止めて歩く
DSCF1615
 
うっそうと茂った木立と、お天気の悪さで、夕暮れ時のように暗い参道、下界とは別の空間のように感じる。
 
DSCF1608
 
DSCF1613
 
岩屋寺
ここは、岩山がご本尊だそうだ
駐車場にバイクを止めて、細い山道(参道)を歩くこと20数分
雨で足元も悪いうえ、かなりな急坂にもかかわらず、足の悪そうな年配の方も
高齢と見受けられるお年よりもゆっくりゆっくりと歩を進めていた。
篤い信仰に支えられてるのだろうと思った。
 
 
  岩屋寺までの途中にある古岩屋DSCF1619
 
 
 
 
 
 
「4000万年前という太古の地層が、隆起侵食されて円錐状の岩峰が誕生。
 
高さ60~100mの岩峰が林立する光景は、中国の桂林をも思わせ、国の名勝に指定されている。
 
この一帯は現在も年間0.26mmほど隆起が続いているという。」
 
  以上HPより抜粋しました。
 
 
息子と二人で、気持ち悪う~~~
穴ぼこ、いっぱい
 
赤い人は、ワタクシ^^
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSCF1650
 
長い参道の傍らに、苔むした小さな墓標がいくつも寄り添うように置かれていた。
無縁仏かなあ??  実は、巡礼途中で、行き倒れた方々のものらしい
必ず結願しよう!
 
DSCF1646
 
DSCF1627
 
 
 
この岩山も古い地層の一部
寺の建物が、半分岩の中に埋まっているように見える。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSCF1637
 
DSCF1641
 
 
 
 
 
  高さが、どの位あるのかなあ?
岩に一本のはしごが、かかっているだけ
上は、行場らしい
 
だれでも登っていいんだけど
高所恐怖症のワタクシ
試みたものの3分の1ほど登って、
挫折(_ _。)・・・シュン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSCF1626    
 
 
 
 
 
 
 
境内の片隅で、ひっそりと咲いてました。
 
 
お参りを済ませて、相変わらず止む気配の無い雨の中岩屋寺をあとにして、石鎚スカイラインに向かう。
 
降りしきる雨の中、どんどん山道へ
晴れていれば、と~~~ってもきれいで、雄大な風景が、拡がっているのかもしれない
しかし なあ~~~も見えん。  まったく初めてで、想像もできない
 
ただ雨の山道をひたすら走る。
もう完璧にびしょ濡れ、タンクバックは、もうすでに雨が染み渡っているし、シートバックも一部水浸し     
カメラを取り出すことも出来ないし、写真を撮る余裕も無い
だから、この時の写真は、まったくありましぇ~ん(-_-;)
 
土小屋というところに、たどり着いた時には、息子の燃料は底をつき始めた。
どうしょう・・・・ぱっと見たところ店も閉まっている。どうしたものかとウロウロ
 
ようく見ると、建物に明かりが見える
急いで、そこを尋ねると、人が出てきてくれた・・・・ホッとした
聞けばこれから走ろうと思っていた寒風山トンネルまでの道は、2時間かかるというし、この天気では、霧が深いらしい
別の道を教えてもらう
運よくここで、燃料も入れてもらえた・・・・ほんとラッキー  助かったあ
 
 
とにかく徳島に帰ろう  
やっぱり雨は降り続いている。ひたすら山道を走り続け、1時間あまり走った頃、寒風山トンネルに差し掛かった。
これで一安心、お腹も空いてきた。
DSCF1655
   この日のために買った、ツーリングマップルが、水に濡れてヨレヨレ(^_^;)
 
徳島道は、一部大雨のため通行止め
仕方なく一般道へ、
やっと我が家にたどり着いたのは、夜中の1時でした。
無事帰れて良かった 良かった
 
 
3日後に、見られなかった屋根付き橋を見に行きます。そして再び四国カルストへ
親子ツー 第2談へ続きます。
                        それでは
 
広告
カテゴリー: ツーリング パーマリンク

びしょぬれ親子ツー in 愛媛  とにかく帰ろう への4件のフィードバック

  1. saganhama より:

    こんばんわ(^ー^)ノでっかい岩山ですね。岩登りの好きな方だったら喜ばれるのでは?巡礼は雨が降ろうが、槍が降ろうがの精神じゃないと結願出来ないですよね。私も大雨で通行止めにならないか、心配しながら奈良へ向かってましたが、幸い足止めは無かったですよ。こんな天気の時は屋根付きに(^人^)感謝♪ですよ。豪雨の中コケズに走る事が出来て良かったですね。常にライディングしてる、ことさんだから・・・・ぁt(/ ̄□ ̄)。しゃぁぁ~っ!!とても真似出来ませんわ!!凄いの一言ですよ。リベンジ楽しみにまってます(^_-)

  2. こと より:

    ★hamahamaさんこんばんは(^v^)岩登りをこの岩で、する人いるのかなあ?とにかく最初視界に入ってきたとき、「わあ 気持ち悪い!」って、思わず^^;穴が、ぼこぼこ開いてるんです。中には人一人余裕で、すっぽり入れそうなのもあります。雨の日と言わず、屋根付きは、楽ですよねえバイクに乗り始めて、その楽さを実感してます息子とふたりだったから、心強いというのが一番です^^

  3. kasumi より:

    ことさん岩屋寺て ほんとすごい岩やなぁ桂林に似てるん? 行って見たいなあしかし 意地でがんばって走ったねぇ^^

  4. こと より:

    ★かすみさん岩屋寺は、岩をくりぬいてるんかなあ?岩の形に合わせて、作られてるんよね。中がどうなってるんか見てみたい気もするんやけど円錐状のあんな岩が、いくつかあるらしいんやけど、とにかく雨で桂林に似てるんやら、どうなんやら、さっぱり(笑) ただ穴ぼこだらけで、気持ち悪かっただけ(^∇^)アハハハハ!次の日も悪天候の予報だし、帰るしかないというのが、半分意地クソも半分かな(^◇^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中