バイクでお四国さん そのよん

札所を廻るようになったのは、遥か昔、20歳代そこそこの頃になります。
友達数人と、ドライブがてら、スタンプラリー感覚で、廻り始めたのが最初。
十一番藤井寺まで廻ったあと、それぞれに人生の岐路に立つ時を迎えて
札所めぐりは、それっきりになっていました。
 
一番霊山時
※第一番札所 霊山寺で、うん10年前に、頂いた墨書と朱印です。
 
 
それから〇十年・・・・  (誤魔化しても意味無いけど、誤魔化したい(^^ゞ)
納経帳は、失くす事無く、実家の仏壇の奥に、しまわれていました。
 
当時そのままの納経帳を手にして、
スタンプラリー感覚とは言え、せっかく廻り始めたんだから、最後まで廻ろう・・・・
そう思い立って、再び廻り始めたのが、これまた10年ぐらい前になるかなあ
 
なかなか廻れないもので、やっと愛媛(菩提の道場)に、辿り着きました。
 
              
           ※これは、歩き遍路の方のための道標です。四国中の遍路道の随所にこれがあります。
           車の道とは、違う道になります。
 
 
札所巡りは、年配の者が、するものというイメージを持っている人も多いと
思いますが、全然そんなこと無いです。
あるお寺で、小学生の兄弟がそれは見事に、お経を唱えてたのには、驚きましたが
それは、別として、若い方たちもかなり多いです。
 
巡る理由も、人それぞれ
「自分を見つめ直したい」  「人生の区切りに・・・・」  「ただ純粋な信仰心から・・・」
「単に寺巡りの旅」などなど・・・・・100人居れば、100通り。
 
この旅に出る前に、「四国八十八ヶ所・・・私の遍路旅」と題した紀行文を読みました。
これを書いたのは、かつて戦場カメラマンとして、戦禍の中、命がけで戦況を取材してきた方です。
戦禍に巻き込まれた人々と、取材中に斃れたジャーナリスト仲間たちへの鎮魂の旅
旅の途中、心筋梗塞で倒れるんだけど、危機を乗り越えて結願を達成し、命の重みと向き合った日々を
出合った風景とともに伝えてくれてます。
 
今も戦争が続けられています。
私も、早くこの世から戦争というものが無くなり、
全ての人が、平和な社会のもとで暮らせるようにと願いながら
四国八十八ヶ所結願を目指したいと思います。
        
             
         なんか・・・・
        ※これは、明石寺の境内。  なんか・・・・Σ( ;゜▽゜)
 
井戸?
 
 
 
 
 
 
※これも明石寺にありました。
  井戸のようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かえる
 
 
 
 
 
※「栄かえる」・・・観自在寺で、見たと思う。
  撫でてから、願うと良いそうな
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
              DSCF1390
            ※第四十番 観自在寺(かんじざいじ) 
         愛媛・・・菩提の道場、最初の札所です。 
                正面ど真ん中は、ワタクシのタンクバック(^^)v
 
     DSCF1393
     ※第三十九番 延光寺(えんこうじ)
     高知・・・修行の道場、最後の札所
 
 
目洗い地蔵
     
 
  ※目洗い井戸・・・水不足で、困っている人々のために、大師が杖で、地面を突いて清水を湧かせたのが、元だそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R56 窪川の道の駅で、休憩。再び走り出したのは、夕方の5時。
徳島の自宅に帰り着いたのは、夜中の11時でした。
 
今回の全走行距離は、二日間で、だいたい1009kmでした。  腹いっぱい走りました。
高知に行くと、やっぱりこの道を走りたくなります。
 
※黒潮ラインの桂浜近くにて
夕暮れ
 
 
 
        
          黒潮ライン
            旅の終わり
            今度は、いつになるかなあ
 
広告
カテゴリー: ツーリング パーマリンク

バイクでお四国さん そのよん への4件のフィードバック

  1. kasumi より:

    ことさんこんにちは~。墨書って言うんですか?お寺のサイン、めちゃカッコいいな~。いずれの目的でも 廻ること、結願することに意味があるんやろな。世界の平和を願う ことさん素敵~。必ずや結願してなぁ

  2. こと より:

    ★かすみさんこんばんは(^o^)/墨書って、言うとるね。 お参りをした印に書いてもらうんやけど筆で、手書きやから、それだけでも値打ちは、あるよね。めっちゃカッコええやろ(^◇^)  粗末に扱ったらあかん頑張って、結願を目指すけんね。今度は、いつ行こ?^^>素敵~・・・・あははは(^_^;) 一応ありがと

  3. saganhama より:

    (^コ^)(^ン^)(^ニ^)(^チ^)(^ワ^) 更新情報が無くて遅れました≦(._.)≧ ペコ墨書きって、御朱印帳、納経帳とも言うようですね。これを持ってると何だかご利益有りそうな気がしてくるのは、それなりの品位があるからでしょう。日本人は宗教心が薄い等と言われますが、日本中に社寺が数多く存在する現実とのギャップ考えると寝れなくなるので・・・止めときます(笑)宗教が平和を壊す事も多いけど、現代日本の人々の宗教に対する接し方は、平和を壊すことは無いと思いますよ。スタンプラリー感覚、大いに結構だと思います。

  4. こと より:

    ★hamahamaさんいえいえ なんも気にしてませんから^^気にしないで、下さい。私の方こそ、いつもコメント入れてくださって、感謝ですm(__)m納経帳は、中が白紙のままだと大して、値打ちは無いです。だけど、八十八ヶ所すべてのお寺を、自分の足で巡り、ひとつひとつ頂いたお納経は人それぞれの、意味と重みがあると思います。最初は、若かったということもあってスタンプラリーでしたが、歳を重ねて、やはり同じ祈るのであれば、「平和への願い」だろうと・・・・とにかく八十八ヶ所を、廻り切りたいと思ってます。まだまだ時間がかかると、思いますが・・・・・(^^)v

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中