親子ツー 高知  プライベート花火

ビールを3本買って、ふと息子が青年に年をたずねた。
「18歳 高3」と、意外な(私たちにすれば)返事が返ってきた。
青年は、とつとつと遠慮がちにしゃべるのだが、ちゃんと礼儀をわきまえた話し方をする。
しっかりした印象があり、21~22歳ぐらいに思っていた。
 
 
DSCF5201
 
「花火が、あるってラッキーやなア」「ほんまええ時に来たなあ」
青い海は、夜の闇にかき消され、波止場に外灯の薄灯りが、ポツンと見える。
 
見物客はいるんだけど、声が聞こえるだけで姿は、見えない。
アスファルトの道端に、べったりと3人で座り込む。
周りには、誰も居ない。
 
今か今かと待つこと30分。8時を過ぎたあたりで、小さな花火が上がって、開始の合図
小さな島の小さな集落の花火大会。そんなに期待は、してなかった。
 
 
DSCF5202
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSCF5211
 
DSCF5212
それが、ナンノナンノ、もうすばらしい!!
ビール片手に、花火鑑賞会だあ
 
まさしくプライベート花火と言っても言い過ぎでないかも
青年も息子も私も、歓声を挙げ、掌が赤くなるくらい手を叩いた。
 
打ち上げられた花火は、私たちの遥か頭上で、炸裂し大輪の花をさかせ夜空を覆い尽くしていた。
そして、火の粉は、私たちの上に降り注ぐのでは、と思うほどだった。
人の波も無い。混雑も場所取りの必要も無い。
私たちのためだけの花火では、ないかと錯覚してしまうほどだ。
 
それは、たった15分か20分ほどで、終わった。
何千発と打ち挙げる大きな花火大会もあるけど、けっして引けは、取らないと思った。
それぞれの心に余韻を残し、打ち寄せる波の音だけを聞きながら、海沿いの道を戻る。
 DSCF5245
 
 
 
ヤドカリさんは、何処へ?
「当ての無い、旅の途中でございます。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私たちのいる場所の前方に船着場があり、昼間は水遊びの親子連れや
ダイビングを楽しむ人たちで賑やかだったが、今はひっそりと、街灯の薄明かりだけが見える。
 
息子が人影に気付き、昼間、自分達のそばで泳いでた二人だという。
島に来る船の中でも一緒だった。
街灯の下で、何をするともなくたたずんでいる。
島の人に宿を聞いていたようだが、だめだったのか?
息子が「テントひとつ貸してあげへんか 今夜は、絶対雨が降るで・・・寝るとこが、無かったら困るやろ」
と、早速二人のところへ
しばらくして帰ってきて
「港のテントの所で、寝るつもりやって言うとった。どうしても困ったら来るって・・・」
「ほな、しばらく待ってみよか」
 
     (へ~~ うちの息子、こんなにいい奴だったんやあ・・・)
 
  
青年と息子は、石に腰をかけランタンの薄明かりの中で、話し込んでいる。
将来の夢や目標について。 好きな音楽のこと。
趣味のこと。読んだ本のこと。好きな作家は誰かということ。
息子が、今の職業を選んだ理由とか・・・・いろんなこと
夜が更けるのも忘れて
 
青年にとって、高校生活最後の夏。
この旅が終われば、受験や進路のことに意識を切り替えていかないといけないのだろう。
来年アメリカの大学を受験し、カメラや写真のことを勉強するのだと言っていた。
 
ふと気が付けば、11時を過ぎていた。
いつの間にか二人連れの姿も見えなくなっていた。
「あの ふたり来うへんかったなあ」息子がぽつっと言った。
 
夜中過ぎ、激しくテントをたたく雨音に目が覚めた。
あの子達、ちゃんと雨に濡れずに寝れてるかなあ・・・・・
ぼんやりと考えてるうちに、再び眠りにおちていった。
 
 
夜が明けたら青年は、帰路につく。
 
 
 
                           ※次で、ラストにしたいと思ってますが・・・・
                              どうなるか わかりましぇん(^_^;)
 
 
広告
カテゴリー: ツーリング パーマリンク

親子ツー 高知  プライベート花火 への10件のフィードバック

  1. パンチ より:

    こちらも盆踊り大会で花火あったよ。

  2. こと より:

    ☆猫パンチ。さん
    こんばんは^^
    夏は、いろんな所で、花火大会がありますね。
    でもわざわざ見に行く事って、最近無いので、今回偶然とは言え
    ゆっくり花火が見れて、良かったです。

  3. saganhama より:

    こんばんは(^<^)
    流石(^o^)/ことさんの息子さんですね。優しさが一杯ですね。
    麦酒片手に花火鑑賞、それも人混みでない所で、最高じゃないですか。
    花火の写真で、その雰囲気十分に伝わってきました。´艸)тндйк уoц☆
    青年のこれからは大変そうだけど、チャレンジ精神で進んで欲しいです。
    hama²も、もう一度あの日に帰りたいって・・・・・今更無理ですね(笑)
     
    人の触れ合い・・・・大切にしなきゃですね。
     

  4. Clearwater より:

    素敵ですね。そういう旅の仲間って。そう、旅をする子は大人びてます。
    うちの娘なんてまだまだだなーって思っちゃった。
     
    旅をしてる私は逆にどんどん落ち着きがなくなってきてます。

  5. こと より:

    ☆hamahamaさん
    こんばんは^^
    いやいや(^^ゞそんなことは、ないです。
    私も息子の違う一面を知って、ちょっと驚いてます^^
    花火大会・・・・ほんと 最高でした。
    見てる人は、居るんだろうけど、密度がとっても薄いから
    独り占めみたいな感じで、とおってもラッキーでした(^◇^)
    青年は、きっと自分の夢に向って着実に、進んでいくだろうなって思いました。
    頑張って欲しいです。
    若いって、いいなあって 
    ほんと、もう一度 あの日に帰りたいです。
    旅に出ると、風景の素晴らしさも勿論ですが、人との出会い、ふれあいが
    やっぱり、強く心に残りますね。
    その点、今回の旅は、人の優しさに触れる旅でした。ほんと感謝m(__)mです。

  6. こと より:

    ☆akiさん
    こんばんは^^
     
    旅をする子は、そうなのかなあ 
    特に、一人旅を好む子は、大人びてるのかもしれないね。
    うちの息子もそうだから、解るなあ
    akiさんとこの娘さんは、まだまだ小さいでしょ^^ これからじゃないですかあ^^
     
    akiさんは、落ち着きが無くなってるの?^^
    今までの分、はじけてるのかな?まあ そんな時も有りです。

  7. kasumi より:

    ほんまに ええ花火大会やったねえ
    心にしみたねえ。
    その青年にとっても 忘れられない旅になったやろうね。
    いいな~、青春!!
    やっぱ、行動しなあかんね。そう感じたわ。
    ことさんの息子さんも思いやりのある良い青年やなあ。 
    ことさんに似てるんちゃう?!^^
    なんか 映画の一場面みたい。うらやましいわ。
     

  8. ならくっち より:

    ことさん
    ご子息と少年はこの夏にとても大事な出会いができてよかったですね。
    きっと十年後とか、二十年後にこの花火を思い出すんでしょうね。
     

  9. こと より:

    ☆かすみさん
    こんにちは^^
    うん(^。^) ほんま ええ花火大会やったよ
    感動やった。この若者にとってもいい思い出にきっとなったと思うわ
    丸一日近い時間をいっしょに過ごしたんやもんね
    私たちも楽しかったし
    ふたりの会話聞いてたら、ほんま若いってええなあって思ったよ
    うちの息子もいつの間にか、人の気持ちが考えられる人間になったやんなあって
    再発見やった。
    顔は、似てるけどね(^^ゞ
    そうなんよ 映画か何かのワンシーンみたいな感じで、
    今回は、ほんまええ旅でした。
    まだつづくけんね(^_^;) 写真だけでも見に来たってくだされ(^^ゞ

  10. こと より:

    ☆ならくっちさん
    こんにちは^^
    いい旅でした。若者との出会いや、いろんな人の優しさに
    触れる旅でした。
    世の中、まだまだ捨てたもんじゃないなあって改めて、感じた旅でした。
    どの旅も思い出深いものがありますが
    今回の旅は、今まで以上かも^^
    まだ続きがあるんです。もし良かったら写真だけでも見に来てやってください(^^ゞ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中